ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

したくないことに集中してみて改めてこれからは好きなことを思いっきりやろうと思った話。

前回の更新が8月27日!
約1ヶ月半何にも記事を書いていなかったことに驚いています。

で…この1ヶ月半何をしていたかというと

資格の試験。
とそのための勉強。

あまり興味のない分野の資格を取得することになり『もうめげそう…』と呟いたのは今年の2月。…あれから半年も経過してしまいました(汗)

勉強の理解度や試験実施日のタイミング等もあって…
という言い訳に加え、講座の修了課題の難しさに心が折れてました。

テキストも何度も読んだしテキスト修了後の課題も何とか頑張ってきた!
でも…修了課題だけ何であんなに難しいのーーー!?

時間かけて頑張ったけど見事に落ちたよね。←
修了課題は合格だと思っていたのでまさかの結果にしばらく放心状態でした(苦笑)
自分の興味がないことは全く頭に入ってこないんだなと再認識しました。再提出分がクリアできなければ講座修了にもならないし、試験はすでに申し込んでしまったし、そんな中人伝いで仕事を依頼されるし…1人で少しパニック状態でした。

とりあえず修了課題の再提出が残っていますが、試験も依頼された仕事も何とか無事終了して一息ついているところです。

やりたくないことも一生懸命やって気づいたこと

夫婦で一時期ハマって読んでいた少女漫画「ちはやふる」にこんな名言があります。

“やりたいことを思いっきりやるためには
やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ”

とても好きなのですがこの名言を夫が食事中にサラッと話題に出してきました。
このタイミングで!!何で言うかな!!

練習問題・過去問題等がまだたくさん残っていましたがそれを日割りして1日のノルマを課してきた夫。『日頃もう少し優しくしておけば良かったなぁ』と反省しました(苦笑)それから試験日までは毎日死んだ魚のような眼をして頑張っていた気がします。

試験の合否結果が届くまでもう少しかかるようです。
学んだ知識は今後役に立つと思いますがこんなにも興味のないことを学ぶことが辛いとは…。試験が終わらないことには何にもできないという状態からは脱しました。

したくないことを一生懸命やって気づいたのは
1.自分の好きなことについて深く考えることができた
2.ストレスが溜まると眉間のエリアに吹き出物ができる

ということ。
2つ目はかなりどうでもいいことかもしれませんが…(笑)
“肌が荒れるエリアで原因が分かる”みたいなシートが見事に当たっていてビックリしました。試験終わったら2日くらいで元に戻ったので間違いないです!

ここで“私の好きなこと”の詳細な内容は割愛しますが
自分がしたくないこと・興味のないことを頑張ってみて気がついたのは「私が今後本当にしたいこと」でした。

単純に“向いている or 向いていない”で消去していった結果好きなことが分かったという段階からさらに1歩踏み込んで『何でコレが好きなのかな?』とか『今後どう向き合っていこうかな?』と深く考えることができました。個人的なことですが、今まで“好きなことだから好き”みたいに漠然と捉えていたことに気づかされたというか…この時点で気づけて良かったなと思いました。


頑張ったので合格しているといいなと淡い期待を抱きつつ…
ここまで書いてまだ修了課題の再提出が残っていたことを思い出し若干涙目ですが、勉強したことを忘れないうちに課題を終わらせます。
が…頑張ろう。