読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

夜逃げした住人の部屋を片づけてきました(後編)

前回の記事の続きです。

※前回・今回の記事で一部言葉が粗い部分がありますがご了承ください
※画像はありませんがお食事中の方・汚いものが苦手な方は読むのをお控えください

テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫を処分するにはお金がかかります。
家電を買い替える際には下取りや無料引き取りのサービスもあるのであまり気にならない方もいるかと思いますが、一気に家電を処分するとなるとリサイクル料は痛い出費。しかも保証人持ち。

でも1日で残置物を処理しなければいけないという状況。
モノをゴミ処理場を運ぶ組も仕分けて掃除する組も休む暇はありません。

ネットの前情報による錯覚で『意外にもキレイ』だと思っていた部屋もよく見ると部屋の隅にはネズミやGの糞らしきものもありましたし、経年によって落とせない酷い汚れもありました。

ゴミ処理組が家電を運んでいる最中に掃除組ある光景を目にすることになるのです。
それは…

庭に山積みにされた家電。

テレビ何台あるのよ!?というくらいのテレビの山に年代を感じるエアコン、初代と思われるこたつ(家の中にもこたつがあったので)。

マ・ジ・か!!!

そして車を所有していてその車で逃げたのかは分かりませんが、ホイール付き・ホイールなしの傷んだタイヤも山積みでした。

タイヤもゴミ処理場で直接処理はできないので物件近くのディーラーで1本500円で引き取ってもらうことになりました。でもタイヤ積み上がってるし一体いくらかかるんだよ…とドン引きしました。

庭に積まれた荷物の下の方は土に埋もれてラピュタ化(草が生え新しい生命の息吹が…)していました。

その他にも土とバーベキューセットが一緒になって水が溜まった袋、分別できていないゴミ袋、園芸用品など野ざらしになった袋の数々。

家の中よりも庭が汚かった…(盲点)。

片づけ・掃除は人柄が出るのでしょうか。
家やモノの扱われ方を見て自分が過ごすエリア(家の中)だけはキレイにしてそれ以外は別に気にならないタイプの人なのだなと思いました。

家の周りにいろんなモノを置いている家って片づけられない人が住んでいる確率が高いとはよく目にしていましたが、この説は当たっているかもしれません。

結局家電・タイヤの処理にかかった費用は五万円超え。

知人の人の良さに呆れる

休憩なしで黙々と作業すること数時間。
ある程度片づけの目処がついた時にRさんが
「Yさんギャンブル癖があってね…じつは以前に2度裏切られてるんだよね。」
と言っていました。頑張って稼いだお金をたった1日でパチンコで使ってしまうのだと。なぜ保証人になったのかはRさんの個人的な思いもあるのでここでは割愛しますが、この物件を借りて十数年家賃滞納などの理由で連絡も特になかったし真面目にやっていると思っていたのに3度目も裏切られるとは…と何とも複雑な面持ちでした。

Rさん、人柄が良すぎ…。

夜逃げ部屋の片づけをして思うこと

まず第一に夜逃げするなよ!ということ。
夫婦・家族のDVなど緊急を要する場合は別として、夜逃げって周囲にかなり迷惑をかけることになるんです。ネットで検索している時に「夜逃げは身1つで荷物がなくても何とかなる」といったページを発見しましたが、この人は一体どんな気持ちでブログ書いてんだよ!と腹立たしい気持ちになりました。
まぁ、夜逃げする人って自己中で周りのことなんか何にも考えていないんだろうなと思いますが…借金って自分で撒いた種なので自分で何とかしてほしいものです。

「夜逃げ=ゴミ屋敷」はあながち間違っていないと思う
今回家に入った第一印象が“割とキレイ”でしたが庭はゴミが山積みで汚庭でした。夜逃げの原因が金銭面の場合に限りなのかは分かりませんが「夜逃げ=ゴミ屋敷」はあながち間違っていないと思いました。お金がないからモノを溜めるのか?“お金に対してのだらしなさ”と“片づけができるできない”って結構関係がある気がします。残置物アリ・片づいた部屋の夜逃げ物件案件ってネットに載ってなかったですしね…。

逃げた人はそのループから抜け出せず同じことを繰り返すと思う
夜逃げをして一時的に抜け出せたとしても今後その状況から抜け出すことは難しいと思います。逃げた人はずっと追われる生活をしなければならないわけで。今回夜逃げしたYさんはRさんに片づけなどの処理をお願いし必ず事情を話に会いに行きますと告げたそうですが、私はYさんがRさんを訪れることはないだろうと、Rさんもそれはないだろうと薄々気づいているとは思います。個人的には言葉は悪いですがどの面下げて会いに来るんだろうなとその日が来るのであれば立ち合いたいです。

持ち物は案外少ないようで多いということ
今回2人分の生活用品を片づけました。庭はさておき、家の中は一般的な家庭よりも持ち物は少なめ。でもいざ処分するとなると粗大ゴミを除いて30袋以上のゴミが出ました。転居となるとダンボールへ詰めて新しい家へ送るので捨てる量は少なくなりますが、持ち物は案外少ないようで多いことを知り、“普段からモノを少なめに”を意識することって大事だなと思いました。