読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

真夏の恐怖を防ぐために!これだけはチェックしておきたいゴキブリ対策

先日このブログの記事が言及(参考に)されたようでお知らせ通知が来ていました。
はてなブログさんこういうお知らせもしてくれるんですね(驚)!

今回はまとめ+αの記事になりますが
併せて参照していただけるとありがたいです。

さて、今回まとめたのは真夏のゴキブリ対策について。
名称で表記するのも嫌なので以下G対策と表記します。

参考にされた記事はこちら。

このブログ100記事を超えているので詳細をまとめた以下の記事を読まれたかどうかが気になるところです。

なぜ今回今までの記事をまとめたのかというと
それぞれの対策を併せて行ってほしかったからなのです。
というのもハッカ油スプレーは“Gを寄せ付けない”という点では効果がありました。
ただ家にすき間があったり汚い部屋だったり基本がきちんとできていなければどんなにハッカ油スプレーを撒いたところで効果は半減してしまいます。

「1匹見かけたら30匹はいると思え!」と言われるGですからね。
 

そして上記記事に書いていなかったことが2つ。

1つは「近隣が汚部屋だと外から入ってくる可能性が高くなる」ということ。
時々事件などのニュースの映像でベランダにゴミが溜まっているお宅を見かけますがゴミが溜まると虫が湧きやすくなります。雨などで水が溜まると蚊が発生する原因にもなります。近隣のベランダを見る機会などそうそうないと思いますが…自分のベランダに何か液体が流れてきていたり仕切り板の隙間からモノがモノが見えたりはみ出していたり異臭がする場合は要注意です。(以前住んでいたところで経験して大変でした)

1階に飲食店が入っているマンションもGが出やすいと聞きます。この件に関しては住んだことがないので真偽は不明ですが…。

どんなに自分の部屋をきれいに保っていても周辺にGが住みやすい環境があるととばっちりで被害を受けやすくなります。
こういう時は窓や網戸等の隙間ができないように入念にチェックしましょう。

そしてもう1つ。
基本中の基本だったので割愛していましたが
「部屋の掃除をしてGの住処を作らないこと」です。
主なポイントとしては

・服はきちんと畳んでクローゼットへ
・床にモノを置かない
・家具は4つ足推奨
・生ゴミは残さない

服やモノなどごくわずかな隙間もGにとっては格好の隠れ家になるので、家のモノはとにかく収納され外に出ていないことが重要です。賃貸物件等によっては収納が一切ない物件もあります。その場合は床にモノは置かないことが鉄則です。

そして記事にも書いていますが“生ごみは溜めたままにせずその日のうちに処理すること”。三角コーナーを使用している家庭も多いかと思いますが、料理の際に出た野菜くずなどは夏場はとても傷みやすく臭いを発してしまいます。野菜くずがごく少量の場合でもその日のうちに処理しましょう。

個人的感想

夏場のG対策はやるべき項目が多くてとても面倒ではありますが、対策をやる・やらないで本当に快適度が変わってきます。個人的に最低限やるべきこととしては
「1.隙間の目張り 2.日常の掃除 3.生ごみを溜めない」
でも十分かと思います。現在ハッカ油スプレーを使う頻度が少ないのでハッカ油スプレーよりも前述の3つが重要かと思います。新たな物件に引っ越しをして1年目の夏は念入りにチェックしましょう。