ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

食事のみで減量するにはデメリットも。減量に運動が必要な理由

少し前に“食生活が変わって体重が減ったよー”という記事を書きましたが
今日は食事で減量して実感したメリットとデメリット、そして“運動も必要”というお話。今は少しずつ適度な運動をしています。

※“減量”と表記していますが私の場合、痩せようと思って体重を落としたわけではありません。
念のため先に書いておきます。

★少し前の記事はこちら↓

私の場合、食生活の変化だけで自然に体重が5kgほど減ったわけですが まず“運動なし・食事のみでの減量”で実際に痩せた感想を…

減量後のメリット

・目に見える変化
・動きやすくなった

OL時代でも小柄・普通体型でしたが 5kg減るとやはり見た目にも変化があらわれます。
私の場合は顔と臀部。 元々腰張り型だと思っていたけれど実はそうでもありませんでした。久々に会う友人には「痩せた?」と毎度聞かれるほど。

身長や年齢などによって“平均体重”がありますが 平均体重≠理想体重。理想体重になり自分の身体じゃないみたいに身軽になりました。日々むくんでいたせいもあると思います(苦笑)

でも減量ってメリットだけじゃないんですよね。

減量後のデメリット

・体力が落ちた
・風邪やインフルエンザなど病気にかかりやすくなった
・髪や肌に影響が(若干出たような気がする)

今までは冬場に1度風邪をひくかひかないか?くらいでしたが明らかにひきやすくなりました。しかも完治するのに時間がかかる! 病院にお見舞いに行って自分が病気になったりして…。以前より体力が落ちたと思います。

個人的な感想

実家に帰って今までの食生活になるとすぐに1~2kg増えます。
(今の家でも実家でも3食きちんと食べています。)
ということは、落ちた体重は食生活・摂取する食べ物によるもの。
運動をしない状態では実質的に体重は食べものに左右されるわけです。
リバウンドを繰り返したり、結果として好きな物を制限する生活になりそうで嫌。
特に痩せても風邪をひいたり体力が落ちるのはあまり嬉しくないかも…。

そこで思いだした筋トレ好きの先輩からのアドバイス。

必ずしも「体重=痩せて見える」とは限らない

一定量は食事で落とすことができます。
しかし重要なのは「体重=痩せて見える」ではないこと。

例えばこんな感じ。
同じ50kgだとしても、筋肉が多いか脂肪が多いかで見た目に違いが出てきます。

詳しく説明されているページがありました。
[タニタ]脂肪は軽く、筋肉は重い!?実際どれくらい違うの?

仕事終わりにスポーツをしている友人は
私と同じ身長で私より痩せて見えるけれど体重は重いです。
身体のどのパーツも無駄な脂肪がなくスラッとしています。
羨ましい…いや、きちんと身体を鍛えているからなんですけどね。

“痩せて見える”ことにこだわるならアスリートまではいかなくても適度に運動をすることが大事だと思います。何冊か本を読んでいますが
「運動によって代謝を上げて痩せやすい体質(エネルギーを燃焼しやすい体質)を作りましょう」
って、どの本にも同じようなことが書いてあります(´д`ι)

普段から運動をしない人は運動をするようになると1~2kgはすぐに落ちるらしいです。

食事で体重を落とした後に筋トレするか?
筋トレして代謝を上げた後に食事で体重を落とすか?
…順番はどちらでも良いそうです(先輩談)

最近は以前やっていたエクササイズで筋トレをしています。何度も筋トレを挫折した経験がありますが今回は続いています(笑)目標日を設定したことと1週間くらいで効果が現れてきたことが大きいのかも…。
今後も健康的な身体づくりを心掛けて運動を続けようと思います★