読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

散らかった部屋を片づけてリバウンドさせないための方法って…?

今日は自宅以外の場所を掃除・片づけしてきました。
自分がおもっていた以上にモノが多く汚れていて半日かかりました。
しかも自分の所有物ではないのでモノを捨てる捨てないの判別が難しく、掃除はともかく片づけが大変でした。

散らかした本人は不在でしたが数人で片づけたのでひとまず綺麗になりました。
できることなら綺麗な状態をこのままキープしてほしいものです。

でも個人的にはまたしばらく経つと散らかるんだろうなと予想しています。綺麗になった部屋が再び散らかって元の状態に戻ってしまうことを“リバウンド”と呼んでいます。

ではリバウンドをしないためにはどうしたらよいのでしょうか?

散らかした本人が片づける

個人的にはこれに限ると思っています。今日の記事のここまでの文章で気づいたことがありませんか?それは…

“散らかした本人は不在でした”

これなんです!
散らかした本人が掃除・片づけを経験していないことがリバウンドを引き起こす原因なのです。(今回は本人の都合がつかなかったことと見るに見かねての限界だったので仕方なくなのですが…)

片づけた数人は掃除・片づけが好きだったりある程度掃除・片づけが習慣づいています。そして『掃除・片づけをして“部屋が綺麗な状態が心地いい”ことを経験している』人たちでもあります。かく言う私も元々はモノが多い部屋に住んでいた1人です。

借金があって親や友人・知人に助けを借りて返済した人がしばらく経つとまた借金をしてしまう…なんて話をよく聞きますが、その原因は借金した本人が返済する苦労や辛さを経験していないから。自分で苦労しなくても誰かが助けてくれるだろう…とそれで再度借金をしてしまう。“借金癖”や“浪費癖”などの悪癖は本人が苦労して借金を完済したり何かを達成した時の高揚感を経験していないからです。

例え話で逸れましたが、掃除・片づけも同様なのです。掃除・片づけ関連の本をたくさん読んだのですぐに引用元が出てこないのですが『散らかす時間があったのなら片づける時間もあるはず』という言葉がありました。私はどんなに時間がかかっても『本人が散らかしたのなら片づけるのも本人』だと思っています。

散らかしすぎてどこから手をつけて良いのか分からない…という場合には一緒に片づけると効果があります。ただし本人主導で。

「ありがとう」って言われるのもお礼の品をいただくのも悪くないけれど、できれば「うわー汚い!」「やっと片付いたね」と大変でも一緒に掃除・片づけをして達成感を共有できたら良かったなと思いました。片づけを手伝った側としての反省点でもあります。

散らかして片づけて、また散らかして…とリバウンドを繰り返さないために余計な労力を費やさないために、そして何よりも心地いい空間を体験するために“自分で片づける”ことを習慣にしてみましょう。