ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

短時間なら大丈夫?コーヒーのシミを食器用洗剤で落としてみました!

皆さんお花見はしましたか?
先週から今週にかけて桜が満開ということで遠出して桜の名所に行ってきました。

仕事の飲み会以外でのお花見って数年ぶり。
途中コンビニに寄ってお菓子とコーヒーを購入してコーヒーを飲もうと思ったら
なぜかお腹が熱い…。見てみるとコーヒーがこぼれていました!!

なんと!カップの蓋がきちんと閉まっていませんでした。
しかもその日に限って白い服を着ているとは…なぜ黒じゃなかったのー(泣)

砂糖の入っていない炭酸水を買っていれば応急処置ができましたが
すでにコンビニも何もないエリアだったので慌てて拭いて終了。

コーヒーをこぼしてから数時間後に帰宅しました。
すでに乾いている…それよりも堂々とシミだと分かる服を着てお花見をしたという…
車降りた時には服が冷たいしシミは隠せないしでテンション下がってましたよ(苦笑)

このニットは今季で処分予定だったのですが
せっかくなのでシミが落とせるか試してみました。
(※油性のシミは方法が異なるので要注意です)

コーヒーのシミを落としてみました

コーヒーのシミは乾いて数時間経過したもの。
水溶性のシミなので食器用洗剤で落とします。
キレイに落ちるかしら……?

用意するもの

・ティッシュ(布でも可)
・食器用洗剤

手順

1.ニットの間にティッシュ(または布)を挟む
これはシミを落とす時に他の部分に移らないようにするためです。
間に挟むティッシュや布は乾いたものを。

2.水にぬらしたティッシュに食器用洗剤を1~2滴落としてなじませる
水は絞ると水が落ちる程度。(ゆるく絞った状態ぐらいがベストだと思います)

3.シミになった部分をポンポン叩きながらシミを抜く
擦るのはまわりにシミを広げてしまうのでNG。ポンポンと叩いて落とします。
食器用洗剤を含んだ水にコーヒーが溶けだし、その水分がニットの間に挟んだ乾いたティッシュや布に吸収されます。

間に挟んだ布は全体的に茶色になったら新しいものに取り替えます。
水を含んだティッシュも同様に。

4.すぐに洗濯する
ある程度シミが落ちたらシミの部分が乾かないうちに洗濯します。
ひどいシミ・1~3までの作業であまり落ちていない場合は漂白剤を使用します。

結果は…

派手に汚したニットがキレイになりました。
ちなみにこれは洗濯の際に漂白剤を入れていません。
それより毛玉が目立ちますね…わたしはそっちが気になって仕方がありません。

ということで乾いて数時間、比較的短時間放置した水溶性のシミは食器用洗剤でシミ抜きすれば大丈夫でした。(※油性のシミは方法が異なるので要注意です)