ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

iPhone6sを半年経たずに壊してしまったので修理しました。Apple Care+ではなくソフトバンクのあんしん保証パックプラスでね!

長年愛用してきたiPhone4。
タイミング良くiPhone6sが発売されたので機種変更というカタチで新型のiPhoneになりました。iPhoneの画面が割れてなければ下取りでもう少し安くなったのにな…と思いますがそこは仕方がない。デザインはシンプルで飽きがこないし今後もiPhone一択な気がします。

そんなiPhone6s。
半年経たずに液晶画面を割ってしまいました!!!

…(๑°⌓°๑)(๑°⌓°๑)(๑°⌓°๑)。

もう衝撃。
え?このくらいで割れちゃうの???って。
保護フィルムもカバーも着けていましたがちょうど本体とカバーの間付近をぶつけたみたいで一面にヒビが入ってしまいました。

私のキャリアはソフトバンクです。
少し前にお店に寄った時にApple Care+ を勧められたのですがその時点では本体・フィルム・カバーetc...何もかも新しくした状態です。
まさか自分が保証のお世話になるとは思っても見なかったので試しに夫が加入し私は断っていたのでした。

私のサービスは“あんしん保証パックプラス”のみ。

ということで
画面割れしたiPhone6sが新しいiPhone6sに変わるまでの記録を紹介します。

落としたのは2月上旬くらいだったと思います。
保護フィルムを貼っていたので画面にヒビは入っていましたが問題なく見られる状態。2月は色々と予定が入っていたので2週間ほどそのまま使用していました。その間に新しいiPhoneに交換する方法を調べたり実際に交換した人の記録を見ていたり。

その多くは“新しいiPhone(本体)に交換”でした。
しかもかかった費用が実費だと30,000円越えという…

なぜあの時Apple Care+に加入しなかったのか…
後悔しても遅いけどやはり悔やまれます。うぅっ(泣)

コンサート何回も行けるじゃないの!!!

ソフトバンクで手続きを

“iPhoneのサポートはAppleで”ということは知っていましたが
Apple Care+に加入していない私は一体どうすれば…ということでソフトバンクショップを訪れました。

修理に関してはAppleにしか分からないので
ソフトバンクショップのスタッフに番号を教えてもらって電話をかけました。

修理の方法は主に2つ。
1.近くのAppleもしくは代理店に持って行って修理してもらう
2.郵送で修理してもらう

我が家の近くにはAppleも代理店もありません。
いちばん近いところでも車で2時間かかりコールセンターの方にも「遠いですね」と言われました。しかも代理店に行っても修理には程度にもよりますが約1週間かかるとのこと。これはもう郵送一択。

ちなみに郵送の場合修理する本体を見なければ金額が分からないらしく
修理の依頼の電話をした時点では金額が分かりません。

検査してみてパーツの取り替え・修理であれば14800円+税。[15,984円]
新しいiPhoneに丸々まるっと交換であれば35,000円+税。[37,800円]

新しいiPhoneだと価格が倍に跳ね上がるという
このロシアンルーレットのような2つの価格。
もう落としたあの日に戻りたい…そう思わずにはいられません。

支払い方法は現金orクレジットだったように思いますが
私は現金派だったので電話で「現金でお願いします」と伝えました。

電話が終わった後にやることがあります。
それは“代替機を借りる”です。

郵送の修理でも1週間前後の時間がかかると案内されました。
その間の電話・メールの送受信は代替機を使わせていただくことに。

代替機に関してはその店舗に“貸せる代替機があれば”ということらしいです。
※利用客の多い店舗だとない場合もあるのかもしれませんね

代替機を借りるのは無料ですが借りられる期間は1ヶ月間。
期間内に返却しなかったり代替機を落として傷つけたり故障させた場合は別途代金が発生します。

※iPhoneの修理を依頼する前(もしくはその後集荷前まで)に
必ずデータのバックアップをしておきましょう。

iPhoneの引き取りから受け取りまで

翌日配送会社の方が壊れたiPhoneを引き取りに来ました。
修理するiPhone本体のみをエアクッションで梱包し袋に入れたものを渡すだけ。

その日の夕方には登録していたメールアドレスにAppleからメールが届いていました。
『修理お申し込み完了のお知らせ』というタイトルで。

その後Appleから『お客様の製品を受領いたしました』というメールが届き
そこに記載されているリンク先で修理状況を確認することができます。
商品発送の際には『修理完了のお知らせ』というメールが届き配送状況を確認できます。

何このAppleの安心感!!!

ということで我が家に新しいiPhoneが届いたのが修理に出した翌々日。


翌々日!!!
例えですが1日に壊れたiPhoneを引き取ってもらったと思ったら3日にはもう新しいiPhoneが手元に届いたわけです。あまりの早さに現金を用意してなかったです(苦笑)

配送会社の方から
「15,984円円を用意しておいてください」と連絡があったので良かった…

それよりも15,984円で良かったです(汗)
箱を開けると新しいiPhone。

壊れていたのがガラス部分だけだったのでパーツの交換で済みました。
ぶつけた部分の傷は若干残っていましたがそれ以外は新品同様。

次は全面覆った頑丈なケースにします。

代替機の返却と保証の申請

修理から1週間ほど経つとAppleから請求明細書が送られてきます。
こんな封筒です。

これを受け取ったら請求明細書と代替機を持ってソフトバンクショップへ。
※私は先に代替機を返しに行きましたが期間内であればそこまで急がなくてもよいとのことでした。でもまぁお借りしているものなので早いに越したことはないかと。

代替機は傷をつけることもなく“通常返却”でOKでした。
※傷などをつけてしまったら別途代金が発生します。

さて、私は1年以内にiPhoneを壊してしまいApple Care+には未加入。
ソフトバンクの安心保証パックプラスのみに加入している状態です。

今回修理にかかった費用(税抜き価格)の80%の金額をこのサービスで保証してもらいます。80%だと11,840円。この還元は“請求からの値引き”となります。現金で戻ってくるわけではないので要注意。請求値引きでも還元されるのはありがたいですね。

ただ、請求明細書を持って自分から申請しに行かなければ多分何も言われないと思います。私が行くお店はそういう雰囲気だったなぁ…申請関係って基本そんなものかと。

私も最近申請が完了したところなのでまだよく分かりませんが
iPhoneを修理した際、もしくは何もない時に自分が加入している補償を確認しておくことをオススメします。