ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

花粉の飛散量が多い日には窓を開けずに掃除する

我が家にとって毎年3月中旬~下旬は花粉と格闘する時期。
夫婦そろって花粉症です…目も鼻も辛いです。

私は特に目にきます。
洗眼薬とかじゃなくて目を取りだして丸洗いしたいくらいです(苦笑)
掃除の際は必ず窓を開けて空気の入れ替えをしていますが、この時期窓を開けたとたんに目がかゆくなって数分後にはズーンと頭が重くなるような症状が出てくるので大変!できるだけ手短に掃除しています。

TVで天気予報と併せて花粉情報ってありますよね?
花粉情報で“飛散量多め”と言われている時は窓を開けずに掃除しています。

空気の入れ替えがしたくてたまらないですが…。

用意するもの

・フローリングシート
・粘着カーペットクリーナー
・雑巾(マイクロファイバー製オススメ)

粘着カーペットクリーナーはいわゆる“コロコロ”です。

雑巾はホームセンターや100円ショップで販売されているマイクロファイバー製の雑巾を使用しています。触り心地が好きなことと良く絞れること、乾拭きでも活躍するからです♪

掃除の手順

1.フローリングシートでゴミ・ホコリを1か所に集める
2.ゴミ・ホコリを粘着カーペットクリーナーで取る
3.水で濡らしてかたく絞った雑巾で拭く

たったこれだけです。
1と2だけでも十分部屋のホコリを取り除くことができます。
雑巾がけをする時のポイントが2つ。

●雑巾はかたく絞ること
窓を閉めているのでできるだけ短時間で床を乾かすために雑巾はかたく絞りましょう。

●雑巾がけは後ろへ下がるように
雑巾がけをした面は若干の水分を含んでいるのでその上を歩くと靴下・スリッパに付着した汚れを床に着けてしまいます。そのため雑巾がけをする際は後ろへ下がりながら拭いていきます。すると拭いた面はきれいな状態で乾いていくので余計な汚れや跡をつけることなく仕上がります。

まとめ

フローリングシートで掃除するだけでも十分ですが、キッチンだと料理で油の混じった空気が漂っていたり、洗面所等では足の裏などの皮脂汚れで床って案外汚れています。

掃除機を使用すると隅に溜まっていたホコリが舞いあがる要因にもなるので窓を閉めた掃除にはフローリングシート・粘着カーペットクリーナーが最適。油汚れはベタつき・不快感の原因になるので時々は床を雑巾で水拭きしましょう。

水拭きしたあとの部屋の空気って掃除前とは少し違うので好きです。
空気の水分量とか…たぶん達成感でも1割増しな気がします(笑)
足元がサラサラなのも心地いいですしね♪

花粉や細かいホコリを“拭きとる”作業って結構効果があると思います。
窓を開けられない日の掃除にセットで拭き掃除、オススメです。