ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

パラパラで美味しいチャーハンを作る基本的なポイント

チャーハンは豪快さと繊細さが同時に求められる料理。
自宅でパラパラで美味しいチャーハンを作る基本的なポイントをまとめました。

基本的なポイント

ごはん

・冷凍ご飯を使用
ごはんを冷凍すると水分が飛ぶのでパラパラになりやすい

・冷凍ご飯をレンジで温める前に常温解凍
常温解凍してから温めると熱ムラガなくなるのでごはんがダマになりにくい

たまご

・炒める前に卵とごはんを混ぜる
均等にたまごがなじみ失敗が少なくなる

・たまごは1人前につき1個以上
炒めたたまごの香ばしい風味とふんわり感を出すために
たまごの量は少なくても1人前に1個は必要。

炒める際のポイント

・フライパンを動かさない
フライパンを動かさないと熱が均等に伝わるためパラパラに仕上がりやすい

・先に具を炒めて一度取り出すのも手(初心者にオススメ)
具の炒めすぎないために、先に具材だけ炒めて一度バットなど器に取り出しておく。
ごはんとたまごを炒めてちょうど良い頃合いで先に炒めておいた具をフライパンに戻してサッとごはんと混ぜる。具の炒め過ぎを防ぐためにチャーハン作りに慣れない頃はオススメ。

・フライパンに合った量を作る
チャーハンがパラパラに仕上がるにはごはんがフライパンに接していることが重要。
「フライパンに合った量を作る≒量に合ったフライパンを選ぶ。」
多くの量を作る際は1度にまとめて作るより、手間がかかっても2度に分けて作る方がベター。

・生臭さが気になる具材は下処理でひと手間
魚など生臭さが気になる食材を使用する際はごはんと混ぜ合わせる前に空煎りすることで生臭さを軽減することができる。

・薄味の食材は大きめに切る
チャーハンで具材の味を立たせるためには大きめにすると存在感が出る

その他調味料など

・こぶ茶
こぶ茶は味に深みを出すのでチャーハンの味付けに適している。

・漬物類
ザ―サイ・高菜等の漬物類はチャーハンの味に深みを出すには最適の具材。

 

これはやってはいけないNGポイント

・濃いめの味付けに
濃いめの味付け(塩分高め)に仕上げると最後まで完食するには少しクドくなる。
薄味でシンプルに仕上げるのが望ましい。

・調味料で複雑な味付けはしない
調味料は多用せずにできるだけシンプルな味付けを心がける。
素材が引き立つ程度で十分。

・具材・ごはんの量に注意
一度に作る量が多いとごはんがフライパンに当たらないため全体的にべチャッとした食感になってしまう。フライパンでごはんが踊る量までが最適。