ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

ピーマンが嫌いなお子様対策!ピーマンの苦みを抑えるひと手間

好き嫌いなく食べてほしいけれど
人参やピーマンは苦みや独特な風味もあって苦手な人も多いです。
私の周りではトマト・きゅうりが苦手な人が多いかな。

そこでピーマンの苦みを抑えるひと手間。
完全に苦みがなくなるわけではありませんが苦みが和らぎ食べやすくなります。

ピーマンの苦みを抑える

※下処理をする日は調理する前日です。

用意するもの
・ピーマン
・ジップロックなど封のできるビニル袋

手順
1.ピーマンを洗いジップロックなど封のできるビニル袋に入れる
2.袋を冷凍庫へ入れ一晩冷凍する
3.調理前に自然解凍する

野菜を冷凍すると繊維・細胞が壊れて甘味が引き立ちます。
ピーマンは苦み成分・玉ねぎは辛味成分が和らぎ甘くなるのです。

ピーマンの肉詰めやチンジャオロースなど
ピーマンがメインになるメニューなどにオススメです。 

ちょこっとメモ

料理研究家の浜田陽子さんによると
ピーマンの肉詰めで使用するひき肉にはトマトを少量加えると
より柔らかくジューシーに仕上がるそうです。

手順
1.適量のトマトをフードプロセッサーにかけ液状にする
2.液状のトマトを約3~4分フライパンで煮詰める。
3.肉詰め用のタネに加えてよく混ぜ30分寝かせる。

トマトに含まれるクエン酸には旨味成分を引き出し肉をやわらかくする働きがあるそうです。(※バラエティ番組「この差って何ですか?」より)