ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

秋刀魚の内臓を簡単にキレイに取る方法

焼き秋刀魚は内臓を取らずにそのまま調理するけれど
蒲焼きや刺身、生姜煮などにする場合は内臓を取る作業が必要になります。

内臓を取るのは面倒だしまな板が汚れるのが嫌…。
でも秋刀魚はポイントを押さえておけば簡単に下処理ができます。

秋刀魚の内臓をキレイに取ろう

1.頭の付け根に切り込みを入れて骨も切る。
2.おなかの穴の手前に切り込みを入れる。
3.片手で尻尾を持ちもう片方の手で頭を引っ張る

秋刀魚の頭には骨と内臓がくっついているので
骨とおなかの穴(肛門)の手前に包丁を入れることによって
内臓は身から切り離され頭には内臓しかつながっていない状態になります。

この状態で頭を引っ張ると頭と一緒に内臓もスルッときれいに取れます。

時間短縮な上にまな板も汚れないなんて…すごいですねΣ(。・д・ノ;)ノ
もっと早く知りたかったです。

この方法を知ってから秋刀魚の煮物を作る機会が増えました。
甘露煮や梅煮など…圧力鍋を使って時間短縮で柔らかく仕上がります。