読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

掃除・片づけがうまくできない人の気持ちを動かす3つの方法

当時実家暮らしだった私に掃除・片づけの習慣が身について変化したことがあります。それは
・私の気持ち・行動の変化
・家族の気持ちの変化

休みの日にダラダラとせずに掃除する私を見て「一体どういう風の吹きまわし?」と
家族は驚いていました。部屋がきれいに片づいたことにも喜んでくれました。

ただそれは最初のうちだけでした。

私の実家は“片づけられない”というよりは“モノが多い”家でした。
ある程度は整理整頓はされていますがモノが多いため収納場所に収められないものが机や床に出ている状態で雑然としているためスッキリしません。

片づけに目覚めた私は自分の部屋だけではなくキッチンなどの共有スペースも片づけはじめました。でもそれが良くなかったのです。
共有スペースは私のスペースでもあるけれど家族のスペースでもある。

だから勝手にモノを捨てたり配置を変えたりすることは厳禁だったのです。
特にキッチン。鍋を置く棚が油で汚れていたのできれいに汚れを取ったのですが母は激怒。後日聞いた話ですが“家事をきちんとしていない”と家族に思われているようで嫌だったとのことでした。ちなみに私はそんなことを思っていませんでしたし、母は仕事も家事も両立している人でしたが家事が思うようにできていないことに負い目みたいなものを感じていたそうです。

これは私が失敗から学んだことですが
「ここ片づけるよ(片づけていい)?」
というように一緒に住む人に一声かけましょう。

“一声かけた上で”が前提で、ここからが本題です。

お風呂・トイレはキレイに保つ

なぜお風呂とトイレなのか?
それは誰もが掃除を嫌がる場所だからです。
1日の汚れを落とすお風呂・浴室やトイレはリビングなどの共有スペースに比べて格段に早いスピードで汚くなります。カビやアカ、汚れを触りたくないですよね。
何にもない道端にゴミが捨てられるとあっという間に他の人もゴミを捨てるようになりそこに溜まっていくことがありますよね(お花見や海の家でよく見かける光景…)
それと同様に部屋も汚くなり始めたら一気にそのスピードは上がります。しかも反比例でやる気は下降していきます。

一緒に住む人がすぐに掃除する人になるかはまず置いておいて、
まず汚れやすいお風呂・トイレを自分が率先して掃除しきれいな状態を保つことで“清潔っていいな”“掃除って大事だな”と思ってもらうことが大事です。

一緒に片づける

人のモノを勝手に片づけたり掃除したりするのは厳禁です。
まずは自分の部屋や共有スペースの自分のモノを片づけます。片づけたり掃除する姿を何気なく一緒に住む人の視界に入るようにします。

勝手に視界に入り込んで、でもその人の邪魔はしない。
これが結構重要で掃除・片づけ欲って伝染するんです。

これ見よがしに掃除する姿を見せつけたり物音をたてたりすると『掃除・片づけマジウゼエ!』ってなるのであくまでもさりげなーくがポイント。

ちょっと片づけてみようかな?…と思っている頃に
「一緒に片づけてみない?」と誘ってみると一緒に片づけてくれることも多くなってきます。その時は『ありがとう』などの感謝の気持ちも添えてみてください。

片づけるきっかけを待っている人もいたり、片づけたいけれど方法が分からなくて始められなかった…なんて人もいます。ただしその際に上手にできなくても怒ったり責めたりしないこと。

掃除・片づけが終わったらプラスの言葉を

掃除・片づけが終わったらきれいな部屋でお茶を楽しんでください。
その時に『ありがとう』『○○が一緒に掃除・片づけしてくれたからあっという間にキレイになったね』『きれいだと気持ちいいね』とプラスの言葉をかけましょう。
人って頑張ったことに対してプラスの言葉をかけられると嬉しくなりますよね。
掃除・片づけが習慣化できている人は心の中で自分を褒めたり、気持ちいいと実感したり言葉にしなくても掃除・片づけに対してプラスのイメージが湧いています。

掃除・片づけが苦手だったり習慣化していない人はまだ掃除・片づけに対してプラスのイメージが湧いていなかったり実感しにくかったりするので、言葉に出したり一緒に気持ちを共有することでより良いイメージを持ちやすくなります。

 

時々我が家に遊びに来てくれる母は家に帰って数日後に「食器を減らした」「冷蔵庫の整理を真似してみた」などと連絡をくれるようになりました。私も時々実家に帰りますが少しずつモノが減っていたりトイレはいつも清潔に保たれているのを見ると嬉しくなります。「散らかっているから片づけて!」と頭ごなしに言うのは簡単です。でも機嫌を損ねてしまったり人間関係がギスギスしてしまうよりも、片づけたくなるように環境を整えるのも1つの策だなと思いました。