読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

値段は関係ない!お気に入りのもので暮らすことは心を満たすこと

皆さんは何を基準にモノを購入していますか?

私は昨年の夏に大幅にモノを、主に洋服を減らしました。
ただ一気に右肩下がりで自分の持ち物が減ったわけではなく増えたり減ったりを繰り返して今に至ります。いわゆるリバウンドってやつですね。

この持ち物の増減という経験で得たことがあります。
それは…

“お気に入りのもので暮らすことは心を満たす”ということ。

新しい生活が始まる時は特に生活用品など所持するものが変わる機会かと思いますが何を基準に選んでいますか?
価格・機能性・ブランドetc...基準は人それぞれで
自分が納得した基準ならOKだと思いますがもし特に基準がないのであれば
その製品が自分にとって“お気に入りのもの”であるかどうかを基準することをオススメしたいです。

私が結婚して新生活を始めた時、
家電に関しては当時の最新 or 2番目に新しい省エネ製品を購入しました。
少々高くても長いスパンでみると経済的だったからです。
その点は満足しています。

そしてインテリア。
私はそこで妥協してしまいました。
本当は北欧家具もしくは北欧風家具を購入したかったのですが予算の都合もあって断念しました。全て思い通りになるとは思わないけれど、でも本当は買いたかった。

今でこそ普通に生活していますが結婚当初は本当に2人で暮らしていけるの?って驚かれるほどのお給料でしたからね(苦笑)

洋服もまだ着られるからと新調しませんでした。
必要に迫られて購入する時も安い服ばかり。

気に入った家具が買えなくてしばらくはすごく落ち込んでいました。
ましてや住居は賃貸物件。(転勤族だと仕方ないけどさ)
希望の間取りや物件ではなかったからこそ持ち物だけは…と思っていたんだと思います。気に入ったモノではないから心が満たされないんです。

社会人1年目、新卒の頃は1着数万円する洋服も持っていました。
でもお気に入りではなかったのでその服を着ても満たされるというかテンションが上がることはあまりありませんでした。
(お金をかけた分、財産という感覚で服は捨てなかったですけどね)

事情は様々あると思いますが
「買わない」と「買えない」は全くの別物です。

買えないと“あぁ買えなかった”“思うようにいかないな”と気持ちがネガティブになってしまいます。どうせ私なんか…みたいに卑下してしまって。

なのでモノを一気に減らした時に決めました。
「これからは自分のお気に入りのモノだけで暮らしてみよう」って。

現在服でも家具でもブランド・メーカーにこだわりはありません。
自分の好み、“お気に入りかどうか”を基準にしています。

そのため流行りの型を購入する機会は減りました。
ファストファッションでたくさん服を揃えることはなくなりました。
安い服を3着買うなら少し高くてもお気に入りのものを1着。
ファイルケースなども滅多に型の変わらない大好きな無印で統一。
でもユニクロのお手頃なウールのニットも持っています。
温かくてシンプルな型で気に入っているからです。

ファストファッションがダメというわけではなく
お気に入りのブランドでもお気に入りのファストファッションでも何でもいいんです。自分が好きなものであれば何でもOK。

持ち物は減りましたが満足しています。
自分の好きなものを1つ1つ時間をかけて着実に手に入れているのも楽しみの1つかな。「買える」を経験する前に本当に必要かどうか吟味して「買わない」という選択もできますしね。

今は好きではなかった家具などを長く使えるお気に入りのものに変えている途中ですが好きなものに囲まれた暮らしは心地いいです。