ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

IHクッキングヒーターを分解して掃除するの巻

私が現在住んでいる築35年の物件。
ガスはプロパンガスです。都市ガスではなくプロパンガス一択。
しかも契約するガス会社まで決められています。

プロパンガスは都市ガスよりもはるかに高いので
お風呂・給湯器・コンロもガスとなると1ヶ月の水道光熱費は大変なことになります。
ご近所の方は軽く10,000円は超えると言っていました。

1つ前の住居はガス会社を選べたもののどこもほぼ同じで高かったので
設置型のIHのクッキングヒーターを使用していました。
なのでそのクッキングヒーターを継続して使用中。


我が家で使用しているのは
アイリスオーヤマの2口IHクッキングヒーター。

前の住居から使用していて3年目に突入。
手際良く料理するにはコツが要りますが壊れることもなく活躍しています。
コンセントがあれば使用できるし掃除も楽だし!
最近では据え置きタイプにもいろんな種類があるみたいで驚きました。

揚げものをした後に必ずファン周りの掃除をしていますが
油の混ざった空気とホコリを吸い込むので定期的に掃除してもベタつくんですよね…
放置すると調理後のファンの音が大きくなったり長時間続いたりで機械にも負担がかかりそうなのでマメに拭いています。

ただ…このファン周りが掃除しづらい!!
個の周りだけ外側から取り外しができたらいいのに…。
外側から拭いてもベタつきが残るとまたホコリが付いてしまうので
ごく稀にクッキングヒーターを分解してファン部分を掃除します。
※今回使用している画像はアイリスオーヤマのIHクッキングヒーターを実際に分解したものです

油+ホコリでベタベタ…外からは掃除できないのです。

分解と言っても最低限。
外側のネジを外して調理面を外してファン部分を留めているネジを外して油汚れを取る。それだけです。

※ただし補償期間にこの作業を行うと無償での修理サービスなどが受けられなくなってしまう可能性があるのでオススメはしません。

1.熱めのお湯に洗剤を加えて薄めの洗剤液でファンとその周りの油汚れを拭く
2.ファン部分のネジを留める
3.外側の調理面のネジを留める

これで完了。

次本格的に掃除するのはしばらく先になりそうなので
外側の掃除をもっとまめにしないとなぁ…。