ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

食費は月2万円。食材の買い方と献立の決め方

1つ前の記事で我が家の予算内訳を紹介しました。
現在我が家の食費は月2万円です。

我が家は一般的な会社員の家庭なのでお米代も食費に含んでいます。
ちなみに野菜は普通・肉&野菜は少し高めの地域に住んでいるように思います。
肉・野菜は実家の方が安かった気がします。

お米で3,000円、食材で16,000円前後、合わせて2万円です。
3食家で料理・お弁当は余ったおかずを詰めたりするのでこの金額でも十分なんです。
最近物価の値上がりで少し厳しくなってきたけど…。

ベランダを活用しようと思って今年からベランダ菜園を始めてみました。
夏は自分で育てた野菜を使用していたので7~9月の食費は月15,000円ほど。
ここ3年で自分の買い物スタイルが定着してきたので紹介します。

食材は複数のお店で特売品・旬のものを中心にまとめ買い

買い物は週に1回 or 2~3回?
何度か買い物パターンを試してみたところ金額を抑えられたのは週1回の買い物。

ちなみにお店によって安い商品は違うので
1店舗でまとめて購入することはせずに2~3店舗まわり
安いものを安いところで購入します。

1日に何度かタイムセールをしているお店もありますが
基本的に朝の開店直後の朝市やタイムセールがオススメだと思います。
特売品を中心に約1週間分を目安に食材を購入します。

野菜をまとめ買いする時は
もやしや葉物野菜は少なめに、きのこ・根菜類は多めに。
もやし・ほうれん草などの葉物野菜はあまり日持ちせず冷凍保存にはあまり向いていないのでまとめ買いした時はその日~3日以内に使用します。

特売品にも種類があって
広告の目玉品で安いもの、賞味期限が近いので安いもの、訳アリで安いものetc...
賞味期限が近いものは当然ながらすぐに使い切ること。
賞味期限が近い特売品ばかり購入しないようにその点はチェックします。

 

安く購入した食材は下処理をして冷凍保存

食材をたくさん購入すると日が経つにつれて鮮度が落ちてきます。
食べきれない分・週の後半に使用する予定の食材は新鮮なうちに冷凍保存しておくと良いです。

野菜は調理時に火を通すので固茹でにして冷凍。
肉・魚は下味をつけて冷凍すると味がよく染みます。
何にでも使用しやすいのはごぼうと柚子の皮。
ごぼうはサッとゆでたものをフリーザーバッグに入れ薄く延ばして冷凍しておくと便利。パキッと好きな量だけ折ってフライパンや鍋に入れるだけですぐに調理できます。火を通して薄い形状で冷凍しているのでわざわざ解凍しなくても良くて重宝します。

 

まとめ買いをする前に献立を決めない

私は基本的に買い物へ出かける前に献立を決めません。
例えば豚のスライス肉が特売品でも。
「これを作ろう!」と決めて出かけてみると豚肉以外の食材が高いなんてこともあるからです。旬ではない食材は比較的高く購入時に判断も鈍ってしまいがち。

そこで特売品・旬のものを中心にまとめ買いします。
高めの食材は後回し。ちなみに優先順位は
特売品 → 旬の食材(安い)→ 使い回しできる食材 → 買いたい食材(高い)

家に帰ってきて食材を眺めながらメニューを決めます。
献立を決めて買い物に行くよりも献立のアイデアが浮かんできます。あら不思議!
限られた食材からメニューを決めるのも工夫の1つ!
食材を上手に使えるようになります。

 

献立は食材の消去法で考える

まとめ買いした食材を眺めながら献立を決めます。
その際に使う食材の順序は日持ちしない食材から決定すること。

もやし→ほうれん草→ブロッコリー→大根・キャベツ…
というように日持ちのしない食材を含むメニューから考えていきます。
日持ちのする食材も早いうちに消費、食べきれないと判断できる際は購入してすぐの段階ですぐに下処理・冷凍しておくのがベスト。

また購入した食材は消去法で
『もうこの材料で作れる献立はないかも…』というくらいまで使い尽くします。
テトリスみたいですね(笑)この時点で新たに食材を買いに行きます。

図に印を入れるとこんなカンジかな。


いかがでしたか。
まとめ買いをしてもロスが出してしまったら意味がないので消費できる量を購入し工夫して保存・調理しています。食費月2万円…とまではいかなくても節約や調理方法など何かのお役に立てたら幸いです。