読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

予算内訳は節約の近道!我が家の固定支出の予算内訳を公開します

家計管理をしていて気づいたことがあります。
それは“予算内訳をして固定支出を知っておくとすごく楽”ということ。

普段の生活で使用する食費・日用品費などは袋分けで予算立てをして管理しています。我が家の場合、給料日から3日も経たないうちに各種支払日がやってくるので手元に残るのは生活費と毎月の貯金を除いた余剰分くらいです。

予算立てはしていても“お給料全体とそのバランス”を考えたことがありませんでした。“木を見て森を見ず”みたいな…それもアリなんですけれども。

ここ3年間定期的に実際の固定支出を確認すること・固定支出の予算を見直すことで少し節約することができました。

ということで今回は我が家の固定費の予算内訳を公開します。

我が家の固定支出の予算内訳

項目予算
家賃 50,000
ネット回線 6,000
携帯代 20,000
生命保険 20,000
その他 15,000
合計111,000

ちなみに変動のある項目の予算は

項目予算
食費 20,000
水道光熱費 14,000
日用品費 4,000
ガソリン代 4,000
合計42,000

総合計 … 153,000円

※給与額と毎月の貯金額は非公開のため固定支出のみ記載しています。
「収入 > 支出」となれば赤字にはならないので…

その他は新聞・奨学金返済分などが含まれています。
固定支出の予算内訳なので実際の支出はこの金額以内に収まっています。

我が家で何気に高いのは生命保険と携帯代。
身体的事情により医療保険ではなく死亡保険に加入しています。
携帯は2人ともスマートフォンで現在機種本体代の割賦が残っているためこの金額です。来年には請求額が減るのでその際に見直します。
時期が来たら生命保険も見直したいなぁ。

その分安く抑えられるのは食費と水道光熱費。
外食はあまりせず自炊するので食費はお米代を入れても20,000円以内で収まります。水道光熱費も基本的には10,000円以内に収まります。
少し高めに設定しているのは夏冬の電気・ガス代の変動が大きいから。


はじめて自分の家の固定支出を書き出した時に思ったのが
『生活はできているけど収入と支出のバランスが少し悪いかも…』
でした。

そこでネットのプロバイダを変更したり生命保険のプランを見直してみたり。
(数年前までは今よりまだ高かったんです…)
そんなこんなで今回公開した予算内訳に至ります。

生活費の袋分けも大事。
でも全体の支出を確認すること&見直しをすることはもっと大事。

毎月必ず出ていく“支出額”。
『固定支出だから…』ではなくて本当に“妥当な金額”なのか?
と考えてみたり予算を少し下げて工夫してみると思っている以上に節約できます。