読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

モノを捨てる時に「ありがとう」と言う

掃除や片づけが好きな人でも好きな本・参考にしている本は異なります。
私はカレン・キングストンさん、夫は近藤麻理恵さんの本をベースに片づけ・掃除をしています。(※以下カレン派・こんまり派で表記します)

掃除・片づけに関してはカレン派・こんまり派と
分かれてしまう我が家ですが共通している点が2つ。

1つ目はいつかはやってこないということ
節約・貯金などある程度先のことを見越さなければならない部分を除いて
普段の生活においてできるだけ“今”を基準に物事を考えています。
買うもの・捨てるもの・やりたいことetc...
いつかと思っていたら現状は何も変わらないということを2人とも掃除・片付けを通して学んだからだと思います。


2つ目はモノを処分する時はありがとうと言うこと
モノを勢いよく捨てる時の合い言葉は「ありがとう」なのです。

我が家では同じものを複数持つことはあまりありません。
例えば安いから色違いを買うとか。

持ち物は少数精鋭で常に一軍。
その分同じものを使い回すことがないので傷んで消耗してしまうのも割と早いのですが…。消耗サイクルが短いので買う機会も捨てる機会も多いです。

ここまで読むと若干“捨て魔”のように捉えられるかもしれません。
今では定期的に2人で片づけするようになりましたが
夫は少し前まで整理整頓はできてもモノが捨てられない人でした。
きれいに整理されているけどよく見るとボロボロになったベルトや服、メガネetc...
修理しても使えないモノが棚に収納されていました。

押し入れ1つで他に収納スペースがない物件なので不用品に占拠されるスペースがもったいない。モノが増えるだけではなくこれからもっと狭くなっていくのかと思うと憂うつな気分に…。
ということで2人でカレン本・こんまり本を読んで改善を試みました。


モノを捨てる時はさんの“ときめくかどうか”を基準に要不要を判断しました。

余談ですが捨てるのにいちばん大変だったモノは“人からいただいたモノ”。
使用してボロボロになったものでも“人から頂いたから”“頂きものは捨てづらい”という理由で手元に残っていました。
そこはカレン本の“プレゼントは人に渡した時点で役割を果たしている”という部分を読んで何とかクリアに。

処分する際には「ありがとう」と言葉に出して感謝することで捨てられるようになりました。今まで捨てられなかった人が…と傍で見ていてとても不思議な気分でした。

毎回モノを捨てる時に「ありがとう」と言うのが習慣となり
今では「これ捨てようかな?」を「これ“ありがと”しようかな?」と言ってます。

断捨離などがブームになっても捨てられない体質の人にとって捨てることは難しかったりします。捨てることが後ろめたいから・買った物は財産だからetc...捨てられない理由も様々だろうなと思います。

もし捨てられない理由が前者の場合は
そのモノを目の前にして「ありがとう」って言ってみると案外簡単に捨てられます。
捨てるモノもかつては自分の生活で第一線として活躍してくれていたものですから。
感謝を口にすることで「今まで活躍してくれてありがとう」って気持ちで自分の中で完結できるからなのかな?と思っています。
捨てることへの後ろめたさも軽減できますしね。
(第一線で活躍したものに対して後ろめたさを感じる必要はないと思いますが。)

普段生活しているだけでも結構な量のゴミや不用品が出てくるので定期的に片づけが必要なんですよね。「ありがとう」って言ってみると清々しい気持ちになれるものです。
躊躇なく捨てられる人も機会があれば是非試してみてください。