読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

最近読んだ家事・掃除・断捨離系の本の感想

基本はカレン・キングストンの「新 ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)」ですが、効率化・快適度アップのためにいろんな本を読んでいます。

ということでここ1ヶ月で読んだ本の感想などをまとめておきます。
※ネタばれ少なめで。辛口な部分もありますがそこは個人的な感想なのでご了承ください。

考えない台所 (高木ゑみ)

無理せず効率的に家事をしたい人・新婚さんにおすすめしたい本。
すでに自分が実践している内容も多かったけれど買って損はなしです。料理や片づけにもルールがあること、献立の決め方や既製品との付き合い方など基礎を学べばグッと効率が上がります。日常生活と切っても切れない家事だからこそ楽しくできることってけっこう重要。この本を読みつつ家事のスタイルを自分らしく決めていけばいいんだなと思いました。

 

服を買うなら、捨てなさい (地曳いく子 )

買ったものを“何年着るか”ではなく“何回着るか”に目から鱗。自分のファッションスタイルを確立している人でも時代に合わせてアップデートしているらしいです。ちょうど持ち服を一気に捨てたところだったので服の選び方は勉強になりました。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。(佐々木典士)

期待していただけにかなり期待外れでガッカリだったかも…。
冒頭の Before → After は参考になったけれど、ミニマリストなら文章もミニマルにならなかったんでしょうか?重複した文章を削って半分にして500円で販売、もしくは電子書籍で良かったのでは…?と思うほど内容が薄かったです。
あと文章が上手くないので読んでいてイライラするし途中まで読んで飽きてしまいました。きちんと読みましたが、個人的には今年ワーストかもしれない。
気になる人は立ち読みして買うか買わないか決めた方が良いと思います。お金がもったいなかったな。

※辛口な部分もありますがそこは個人的な感想なのでご了承ください。