読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

分別ルールが細かくてガラクタが溜まる…

私が住んでいる地域はゴミの分別ルールが厳しくて毎日が何かのゴミ出し日です。

月:燃えるゴミ
火:資源物
水:不燃物
木:燃えるゴミ
金:プラスチック・危険物

こんなカンジ。

不燃物・危険物も種類によって袋を分けなければいけないので
部屋にはゴミが少しだけ入った袋がたくさんあって袋いっぱいに溜まるのにも時間がかかります。しかもゴミ袋全て有料っていう…(泣)

2人がかりで一気に掃除して一気にガラクタを片づけました。

捨てたガラクタ・ごみの量

・燃えるゴミ … 30L×2袋、20L×1袋
・資源(衣類) … 45L×2袋
・資源(紙類) … ダンボール×1包、新聞・雑誌×2包、厚紙類×2包
・資源(缶・ボトル類) … 45L×1袋
・不燃物 … 20L×1袋
・危険物 … 10L×2袋
・プラスチック類 …45L×2袋
・粗大ごみ … 1点(袋に入らないもの)

 

けっこう捨てました。というより溜めこみ過ぎですね。
ゴミ袋にもう少し小さなサイズがあると出しやすくなるのになぁ。

ちなみに燃えるゴミの20L×1袋はシュレッダーです。
個人情報の記載された手紙や仕事の書類などはそのまま捨てられないので物凄く手間がかかるけれど必ずシュレッダー。厚紙・プラスチック類は割と溜まりやすいです。こういうところで個別包装や過剰包装を実感します。

分別のルールの細かさって焼却炉の処理能力によって決まるらしいと聞いたことがあるんですが実際のところどうなんでしょう?
ゴミを出すのにも有料な時代。ゴミを出さないための工夫も必要なのかもしれません。