読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

どうしてもイライラしてしまう!そんな時に穏やかな気持ちを取り戻す方法

今日は良い気分で過ごせそうだなぁって時に急に
人に無神経なことを言われたり嫌なことをされたりして
せっかく良い気分だったのに台無し…

そんなことはありませんか?
私はあります。多々あります(苦笑)

残念だなぁ、嫌だなぁ…そんな気分になってしまった場合はまだ
『気持ちを切り替えていこっ!』って自分で気持ちを立て直してなんとかなるもの。

ただ、気分を台無しにされて嫌な気分になるだけではなく
怒りモードに突入してしまったらその怒りが収まるには時間がかかります。
相手に直接言い返せる場合なら話は早い!のですがそういう場合ばかりとは限りません。抑えようのない怒りを自分の中に留めておくとさらにイライラが増長。

1日ハッピーな気分で過ごせたらいいのに。

そんな時は以下の方法で存分イライラを発散させましょう。

紙に書く+シュレッダー

嫌な気分はノートでも裏紙でも何でも構いません。
思う存分書き殴りましょう!大きめの紙に大きな文字で書くと気分がスッキリします。ただし「誰々が嫌い」ではなく「○○されて嫌だった」形式の方がベター。というのも前者の書き方だと場合によっては相手の嫌な部分にばかり目がいってしまうことがあるからです。それよりも後者の書き方にすることで相手に“嫌な気分にされたこと”(行為)に目を向けると気分を昇華させやすくなります。あとは“人の振り見て我が振り直せ”という意味も込めて。

そしてその紙をシュレッダーにかけます。シュレッダーがなければ手で細かく破いてもOK!怒りって意外にもパワーを使うのでそのパワーを書くこと&破ることに使います。書きなぐった後に気持ちに余裕ができた時は書き殴った内容を冷静に見直してみるのも意外に楽しかったりします。
えっ!こんなことで怒ってたの?なんてこともあったりして。

 

メモ帳機能・ブログ(下書きモード)を使う

先述した「紙に書く+シュレッダー」は結構イライラを発散することができるので私は好きなんですが、文字で書いたり破いたりアナログな手法を面倒に感じる人もいます。そういう時は携帯電話・スマートフォンのメモ帳機能を使います。ブログをお持ちの方は記事を書く管理画面を使用しても可。
(※ただし下書きモードにして決して公開はしないように!)

アナログな手法は面倒でもデジタルだと打つだけだし簡単ですよね。
「紙に書く+シュレッダー」と同様に思う存分愚痴や不満・ストレスを書きだしたら

保存はせずに削除!

ブログを書いたことがある人は1度は経験があるかと思いますが
長めの記事を書いていたのに保存する前にPCのブラウザが落ちてしまって記事が全部消えてしまったことってありませんか?
余程伝えたい内容でない限り、同じ記事をまた書くのは面倒だしもういいや…ってどうでもよくなったり書く気力が失せたりしますよね。

デジタルな手法では
書くだけ書く → 一瞬で消す → どうでもよくなる
このテンションの変化を利用しています。
読み返すとイライラがゾンビみたいに蘇ってしまうので決して下書きとしては保存しないこと。これがポイントです。

外出先などで嫌なことが起こってしまった時はこうして気分を落ち着かせています。

 

考え方を変えてみる

自分にとって嫌なこと・イライラさせられたこと。
↑簡単に表現してみてもよく考えてみるといろんな種類があります。
たとえばたまたま通った道で水をかけられたことと同僚の不機嫌そうな態度。
どちらも嫌なことですが種類・性質は違います。

こういう時は考え方を変えてみるのも1つの方法。
ハプニングは『偶然自分に降りかかってしまったんだな、今回ばかりは仕方がないよね』、人の態度は『今日は虫の居所でも悪かったんだろうな』と。
※人の態度が数日経っても変わらない時は何が原因なのか(自分なのかそのほかの要因なのかetc...)を改めて考える必要がありますが。

相手に何かを求めるより自分の考え方を変えてみることで
気分がぐっと楽になることも多いです。

 

まとめ

今回この記事をまとめたのは昔の私はイライラに左右されることが多かったからです。人より怒りの沸点が低めだったし…今はそういうこともなく穏やかな毎日。
少しの作業で自分で感情をコントロールできるということをメモとして残しておきたかったのです。

ハッピーな自分は自分で作る。
気持ちよく1日を過ごすこと・自分のイライラで誰かに不快な思いをさせないことって大事だなと思います。今日は何だか嫌な1日だな・気分良く過ごせそうにないなという時は試してみてください。