読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

手書き家計簿には統計ノートがオススメ!簡単な使い方を解説するよ♪

私イチオシの手書き家計簿は「統計ノート」です。

罫線が引いてあるだけで家計簿とは縁のなさそうなノートですが
これが意外に使いやすくてここ数年愛用していました。

手書きの家計簿に統計ノートがオススメな理由

・見出しと罫線のみでシンプル
・普通のノートに自分で線を引く手間が省ける
・見開きで縦に8分割なので「1週間+まとめ」に向いている
・見開きがカレンダー通りになるので必要な情報を探しやすい
・メモなど家計簿以外の情報も書きやすい
・自分好みにまとめられる

我が家の家計はお給料日に合わせているので月末が締め日ではありません。
そのため市販の月末締めの家計簿ノートが使いづらかったんですよね…

この統計ノートがまさにグッジョブ!
家計簿のために作られたノートなのね!(←違います・笑)
と勘違いしたくなるような手書き派の方にピッタリなノートなのです。

使い方(記入例)

見開きはこんなかんじです。
(写真だと罫線が見えなかったので簡単なイラストにしました。)

見開きが縦8分割なので
日曜日~土曜日+1週間のまとめを基本に自由に使いましょう!
↓私個人の使用例だとこんな感じです。

記入例

【ブロック分け】
・上のスペース:月と日付
・1~3つ目:食費など支出項目
・4つ目:臨時収入など
・5つ目:水道光熱費
・6つ目:1日の合計(水道光熱費除く)
・下のスペース:夕食のメニュー

【いちばん右の部分】
・支出(項目別に)
・臨時収入
・1週間の合計
・家計簿の感想など


1ヶ月のまとめは空いたスペースに書いたり
新しく見開いたページに書くなど、自由に書いてください。

統計ノート1冊・カレンダー通りに詰めて書いた場合で
記帳できるのは約8~9ヶ月分です。1年に2冊消費する計算になりますね。

実際の使用例

実際に私が統計ノートに記帳していたものです。
写真だとぼやけるのでイラストで復元しています。

 

前述しましたが我が家の場合、家計簿の締め日が月末ではなく市販の家計簿ノートでは使いづらかったことが統計ノートを使用するきっかけになりました。罫線を引くのがとても面倒(+線がズレるとテンションが下がる)だったので画期的でした。
効率って重要!キレイな線って重要!!←

出費が多い日は購入したものやその日のできごとなどを
メモしておくと後で見直した際に出費の理由が分かりやすくなります。
その他、夕食のメニューや一言日記などを加えてみたり
家計簿を自分流に使いやすくアレンジしてみましょう!