ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

家計簿は節約のカギ!複雑そうだけど実は簡単で家計管理の強い味方!

みなさん、家計簿はつけていますか?

私は節約や貯金を意識するまで
家計簿がつけられない人でした(苦笑)
家計簿を買っても長続きするのは3ヶ月が限度。

続かない主な理由は
・項目が細かすぎる
・書き込むのが面倒くさい
・出費を覚えていない
といったところでしょうか?
(上記は昔の私の経験談ですが^^:)

節約・貯金したい人にこそオススメしたい!
ここ数年家計簿を続けてみて実感した主なメリットを挙げてみました。

お金の流れが把握できる

家賃などの固定支出。
毎月変動のある水道光熱費。
その他の臨時出費。

「いつ払ったかな?」「いくらだったかな?」
日々生活していると忘れてしまうこともあります。
何気なく使ってしまって気がつけばピンチ!…なんてことも。

家計簿をつけることによって
支出のタイミング・支出額を知ることができ、
月末には全体でどれだけ支出したかがわかります。
ポチポチ電卓をたたくのも楽しくなってくるから不思議♪

家計簿はお金の流れを把握することができるメモ帳なのです!

 

無駄を確認できる

家計簿は変動のある支出に有効活用できます。
食費・水道光熱費・交際費etc...

「あれ?先月よりかなり高くなってない?」
そんな時は先月・先々月と遡って確認することができます。
また今までの支出額から自分の家庭の平均支出を割り出すこともできるので
許容範囲内であるか?見直しが必要か?
今後の支出について見通しやすくなります。

逆に先月よりも支出が少なくなっていた時
「節約できてる!」って実感して嬉しくなります♪

 

やりくり上手になる

月の初めに予算立てして家計簿を記帳すると“あといくら使えるか”が明確になります。1円単位で細かく記帳する必要はありません。
予算を越えなければゆるーくで大丈夫。

予算内に支出を抑えることって見落としがちだけどけっこう重要。
予算の残金を元に購入するものに優先順位をつけたり食事のメニューを考えたりetc...
工夫する力や判断力を養うことができるし、実際に支出を抑えられたことが自信にもつながります。慣れてくると“やりくり上手になったなぁ”って実感できます。

 

雑感

細かく分類することが苦にならない方はいろんな項目を設定したり自分流にアレンジすると日々の家計簿づけが楽しくなると思います。

「私、続かないのよね~」という方は分類する項目を大まかに分けましょう。

家賃は月1回、水道光熱費も電気・ガス・水道の月3回の記入です。
貯金は月初めに1回、月末に1回でOK。
月に何度も記入する項目って食費・日用品費・交際費くらい。
家計簿って面倒くさそうなイメージがありますが結構単純で簡単な作業なのです。

見返すと何に対して一番お金を使っているのかが一目でわかります。
例えば、コンビニの利用が多ければ
少し頻度を減らしてみようかな~なんてプチ反省もできます☆

はじめは大雑把でOK!
まずは家計簿を記入する習慣をつけましょう!