読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

蜂の巣を軒下に作らせないための対策とその効果を検証してみた

昨年繰り広げられたアシナガバチとの戦い。

今のマンションに引っ越してきた当初、どの家もベランダに洗濯物を干していないことが不思議で仕方がなかったのですが 外に洗濯物を干してみて理由が分かりました。
さすがに巣を作られて至近距離で飛び回られるのは怖い…。

アシナガバチは益虫らしいけど 刺されたくないし家にも入ってきてほしくない…
一度刺されたことがあるので余計に怖い!!!
今年は軒下に巣を作らせないように早めに手を打ってみました。

ネットで見かける対策って本当に効果があるの?
試せるものは試してみよう!ということでついでに検証してみました。

検証と効果

朝夕の時間帯に殺虫剤をまく

蜂に関しては“忌避剤”というよりも“退治(殺虫)”目的のものが多い気がします。
近くのホームセンターで購入しましたが1本1,000~1,300円!高いよ~(涙)

毎日撒くわけにもいかないので4~5日に1回ペースです。
昨年は巣が作られた後から対策し始めたのでほぼ効果なしでしたが、
今年は巣作り頃から撒き始めたので、昨年よりは効果がありました。

でも油断は禁物!気を抜くと巣ができかけてることも…。

蚊取り線香を焚く

蜂や虫は煙を嫌うということで蚊取り線香を焚いてみました。
(蚊取り線香には殺虫成分の除虫菊が含まれています)

結果としては微妙。
というのも
外で焚いて蜂を寄せ付けないようにするための量としては少ない気がします。
一気に焚くと煙+蚊取り線香の臭いでご近所の迷惑にもなりかねません。
毎年巣を作られる場所が決まっている場合には有効かも…。

我が家の近所の蜂は隙あらば所構わず巣を作るので
日々イタチゴッコです。洗濯物の中にいた時は腰抜かしそうになりました。

ハッカ油

効果は???。
蜂よりも蚊や同じくらいのサイズの虫除けには効果ありでした。
あとG対策にも効果を発揮してます。

吊るすタイプの虫除けを設置する

ネットで吊るすタイプの虫除けが効く!と書かれていて
半信半疑、でも少しでも効果があれば…ということで試してみました。

妊婦さんや乳幼児のお子さんがいるご家庭には
何かあったらいけないのでおすすめできませんが
意外にも効果があったのは“吊るすタイプの虫除け”でした。
吊るす前は巣作りの場所を探す蜂がたくさん飛んでいましたが
あまり見かけなくなりました。

ただ驚くできごとが発覚!!!
詳しくは後述にて↓↓↓

殺虫スプレーは常備して応戦

殺すことが目的ではないので遠くにいるときはそのままですが
やはり至近距離を飛び回ってくる時はスプレーを噴射しています。
私が使っているのは下の2つ。

怖いけど蜂と対決する分効果は抜群!
でもね、蜂はそんなにバカじゃない…いや、むしろ賢かった!

気をつけること

蜂は死角を狙って巣を作っていた!

驚くべきことがありました!
それは蜂は死角を狙って巣を作っていたということ。

昨年はとにかく羽音が煩いほど蜂が飛び回っていましたが、
吊るすタイプの虫除けを設置したおかげかあまり見かけなくなり一安心。
窓掃除をしようと外に出て窓と扉の掃除をしていました。

よく見ると虫除けを吊るした窓と少し離れた窓に巣のようなものが。
目が悪いのでさらによく見ると蜂がいました(驚)!!

しかも2つの巣同時進行で作られてる!
蜂は2つの巣を行ったり来たりしている模様。
しかもその2つの巣を撤去している際にもう1つ発見。

それは虫除けを設置している窓の真下。
2~3個積み上がったブロックの穴の中に。

ここ数日風のない晴天が続いていました。
風がないと吊るすタイプの虫除けもあまり効果がないのかなぁ?
いや、元々蜂に効くと書かれていないので文句を言うのはお門違いですね(汗)
ごめんなさい・・・(-人-)

近くを飛び回ることが少なくなっただけでもありがたいことです。

蜂は虫除けの近くは飛び回らなくても
その付近を避けて近くに巣を作ることができる

勉強になりました。
ここまで来ると感心するわ…何としても巣を作らせたくないけど。

使用する洗剤に気をつける

とは言っても 気のつけようがないかもしれませんが、
花の香りの洗剤や柔軟剤の香りは蜂を引き寄せる原因にもなりそうです。

風がなければ蜂は虫除け付近どころか 洗濯物にも留まることもできます。
洗濯物に紛れこんだ蜂に腰を抜かしかけた日、 香りの残る柔軟剤入り液体洗剤を使用していて 蜂はYシャツの内側首から袖へと移動してました。
いつもは石鹸のような香りが残らないタイプの粉洗剤を使用しています。

花と間違えて来ているんだろうなぁ。
できるだけ殺したくはないので遠くで巣を作ってほしいものです。

“完全に巣を作らせない”のは難しいけど
ある程度は人の行動範囲に近寄らせないようにできます。
万が一刺された場合は適切な処置をして医療機関を受診するようにしましょう。