読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりと心地いい暮らし

自分らしくハッピーに、好きなものに囲まれて暮らしたい。掃除・片づけの効果も記録中。

リアルな知人と繋がっているSNSをやめました!ストレスも軽減されて気分が楽になった話

f:id:atticroom43:20150905224249j:plain

最近リアルな知人と繋がっているSNSをやめました。
結果から言うと“やめて良かった”でした。

人間関係の断捨離…とも言えるかもしれませんが。
知人とのSNSは人間関係が複雑で一部だけ繋がりを断つと余計に拗れるのでアカウントごと削除しました。

ということで“私が知人とのSNSをやめた理由とその後”をまとめました。

知人とのSNSをやめた理由

本当に仲の良い人とは連絡を取り合うから
携帯もメールもあるので何か用があれば連絡がSNS以外のツールで連絡を取り合うだろうなと思ったからです。本当に仲の良い人とはSNSがなくても繋がっていられるし、実際に仲の良い人とはSNSよりも電話やメールでの連絡が圧倒的に多かったからです。

ログインの度に気分が重くなるから
私は同窓会を機に小中学校の知人とSNSで繋がるようになりましたがそこでの人間関係が複雑で…。中学卒業から進学した学校も環境も違うのにパワーバランスは当時のまま。あれ、力関係が昔のままって思って振る舞えるのは何故なんでしょうか?私は中立的な立場だけど板挟み状態が辛かったです。

裏で何言われてるか分からないから
実際に本人(B)から聞いた話です。共通に繋がりがあり顔見知り同士の3人をA・B・Cさんとします。知人Aさんがタイムラインに投稿するとBさんとCさんはその投稿についてAさんの知らないところで笑っていたそうです。2人で画面を見たり、SNSのメッセンジャーを使ったりして。…怖い。私は3人と関わることはありませんでしたが繋がれば同様にその場にいない人が裏で何か言われるんだろうなと。本当に怖い…。

制限をかけるくらいなら繋がりたくないから
SNSってグループを作ったり投稿に制限をかけたりして一部の人に見えないように設定することができます。元々は誰とでも気軽に繋がってしまって投稿がしにくくなった人のためにある機能だと思いますが、使い方次第では一部を徹底的に排除することがツールにもなるわけです。一部にだけ公開している人を見ると友人の数などから前者なのか後者なのか、ある程度察することはできますがやはり見ていてあまり気持ちのいいものではないなと思います。

“知人”とSNSをやめた後の変化

無駄に溜まっていたストレスが軽減されて気分が楽になりました。

SNSをやめたからといって人間関係に特に変化はありませんでした。
上辺だけで繋がっていた人と離れ仲が良い人が残った、それだけのことです。
むしろSNSがなくなった分電話とメールで連絡を取る機会が増えました。

ちなみに趣味用アカウントも持っていますがそのアカウントはそのままです。
なぜなら趣味で繋がっていること・ネットでのみ繋がっていることで適度な距離感が保たれていてストレスを全く感じないからです。

SNSすべてのアカウントを削除する必要はありませんがストレスを感じるなど気持ちが良い方向へ向かわないときは取捨選択の上、思い切ってやめてみるのもアリかもしれません。